知らなきゃ損!むくみの対策・解消法

こんにちは。Rinato鍼灸整骨院の山口です。
足や顔、体のむくみが気になってなかなか肌を出せないで悩んでいる方も少なくないのではでしょうか?
以前、むくみの原因についてお話しましたが、今回はむくみの対策と解消法についてお話していきます。
しっかりとむくみの対策・解消法について学んでいきましょう!!^o^
 

むくみ解消のポイント

足 むくみ
 
一般的に、足のむくみを解消するには、【冷やさないこと】と【老廃物を溜め込まない】。大きくこの2点に集約されます。
まず、【冷やさない】ということは、どなたでもお分かりかと思いますが、冷えは血流を悪くします。
その結果、足に溜まった血液や水分が循環しにくくなるので、結果的に足のむくみにつながります。
また、夏場のエアコンの風は、部屋の下の方に溜まります。なので、あなたが思っている以上に足の冷えにつながります。
仕事でデスクワークが多い女性などは、冷たい風が直接足に当たらないようにするなどの工夫をすることも、足のむくみを解消するポイントになります。
「老廃物を溜め込まない」ということでも、同じ様なことが言えます。
血流やリンパ液の流れを阻害するような、長時間の同じ姿勢や生活習慣は避けましょう。
特に同じ姿勢による血行不良での足のむくみを解消するためには、足先やふくらはぎを、座ったままでの状態でも、常に動かすように意識することです。
 
 

むくみの解消法(自宅)

足湯をする

お湯の深さを少し深めにして足湯を行います。お湯の水圧と足湯による静脈の血液の流れがよくなる為、症状が楽になります。
足湯を行っている間、足の指を開いたり、閉じたりして運動させることによって、より一層むくみ解消効果が上がります。

足元に枕を置く

寝る前など、横になる時に、足元に枕やクッションなどを置き、
足を心臓の位置より高い場所へ置くと、重力によってリンパ液が足先から体に戻るので、むくみに効果があります。

食生活を意識する

カリウムを多く含む野菜(イモ類、きゅうりなどのウリ類、豆類)や果物(干しぶどう・バナナ)、海藻類は水分代謝を上げたり、筋肉の働きをよくしてくれるので、積極的に摂るようにしましょう。
※但し、腎障害がある方は、腎機能が低下し、カリウムの排泄が困難となり、高カリウム血症を起こす可能性があるので摂取量に気を付けましょう。

むくみの解消法(職場)

身体を動かす

長時間のデスクワークをしている方などは、つまさきとかかと交互に上げ下げを行ったり、
軽く屈伸をするなどして筋肉のポンプ作用を働かせて循環をよくしましょう!

むくみの対策法

利尿作用のある飲み物や食べ物を摂る

食品や飲料中で利尿作用が強いとされているのは、主にカフェインを含む飲み物です。
例えば、コーヒーや紅茶、ウーロン茶などには多くのカフェインが含まれています。
食べ物では、梨やたけのこ・大根なども利尿作用があると言われています。

 湯船に浸かる

暑いからといって、シャワーだけで済ましていませんか?
面倒だとは思いますが、むくみの対策には必要なので、しっかりと湯船に浸かりましょう。
お湯の温度はぬるめで、量は胸より下です。循環を良くするためにもゆっくりと浸かりましょう。
入浴剤や今流行りのバスソルトなども効果的ですので試してみてください♪
 
 
 

まとめ

笑顔
画像著作者:Miss Wetzel’s Art Class
 
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
今回はむくみの対策と解消法についてお話していきましたが、いかがでしたでしょうか?
簡単に試すことができるので、是非試してみてくださいね。
むくみから脱出して、いきいきとした日々を過ごしましょう♪
 
 
 
御堂筋線本町駅1番出口 徒歩3分 あなたの元気と若さを取り戻す整骨院
大阪市中央区の整体「Rinato鍼灸整骨院」
[あなたに合ったオーダーメイドの整体を行います!]
ご予約・お問い合わせはコチラより
(携帯・スマホの方は、クリックで直接電話できます!)
06-4708-8351(12:00~21:00)
※日曜、祝日はお休みとなります。
 
大阪で身体の不調に悩む方へ