脳梗塞は夏に多い?知っておきたい症状と予防

脳梗塞は夏に多い

手形不渡りが発生して頭を抱える経営者
脳卒中や脳梗塞と聞くと、寒い冬の病気だと思う人が多いのではないでしょうか。
ところが脳梗塞は夏にも多く発症することがあります。
脳梗塞は脳卒中(脳血管障害)の1つです。脳卒中には他にも脳出血とくも膜下出血がありますが、脳梗塞が全体の6割以上を占めています。
 

夏と冬の違い

冬に多い脳卒中は脳出血とくも膜下出血です。冬は体内の熱を放散しないように血管が収縮するので血圧が上昇し、血管が破れやすくなります。
それに対して夏は脳梗塞が増加します。夏は温度が上がるため、体内の熱を発散しようと血管が拡張すると血圧が低下します。
そして、汗をかくことで水分が不足して血液が濃くなり、脳血管が詰まりやすくなります。
つまり、夏の脳梗塞は、体内の脱水症状が引き金になることが非常に多いです。
 

脳梗塞の症状

脳梗塞は血の塊(血栓)が血管を塞ぎ、血液が脳細胞に酸素や栄養を運べなくなるために、脳がダメージを受ける病気です。
脳に十分な血液が届かなければ脳細胞は壊死してしまいます。
脳の病気で、特に高齢者に多いのが脳梗塞です。
しかし、単に加齢だけが原因ではなく、高血圧や糖尿病・心臓病、喫煙や飲酒などの生活習慣の乱れが危険因子となる生活習慣病のひとつです。
 

脳梗塞の前兆

体の片側の手足に力が入らない

重いめまい

激しい頭痛

ろれつが回らない・言葉が出てこない

その他、物が二重に見えるなどの症状が現れます。
これらは「一過性脳虚血性発作」と呼ばれ、小さな血栓が一時的に血管を詰まらせて起きる症状です。
時間にして数分から数十分程度で、一日も経つと症状が治まってしまうので、そのまま放置する人が多く、これが事態を悪化させています。
この段階で脳梗塞を疑い、一刻も早く脳神経外科で検査してもらうことが重要です。
 

夏の脳梗塞の予防

寂しく公園でペッドボトルの水を飲む男性
夏の脳梗塞は脱水症状が引き金になることが多いので脱水症状にならないようにしましょう。
脱水症状はのどの渇き・唇の乾燥・口の乾燥などがありますが重症になると血圧が低くなったり、脈が弱くなったり、呼吸が早くなりますが症状は個人によってさまざまです。
症状が出る前に予防することがとても大切ですので、排尿の頻度が減っていないか?尿の色は濃くないか?観察し、喉が渇いていなくても積極的に水分をとるようにしてください。
脳梗塞が起こりやすい時期と時間帯には特徴があり、6月から8月の夏場、睡眠中と朝の起床後2時間以内に集中して発症することがわかっています。
起床時には血圧が上昇するので、就寝前と起床後にコップ一杯ずつの水を飲むことが夏の脳梗塞予防につながります。
 
これらを参考にして頂いて、少しでもあなたの健康に繋がれば幸いです。
【あなたの希望を叶える整骨院】Rinato鍼灸整骨院 宮武伊都
 
大阪で身体の不調に悩む方へ