暑さに負けるな!夏バテ対策・解消法

こんにちは。Rinato鍼灸整骨院の山口です。
最近暑さが増し身体がだるく感じたりする方もいらっしゃるのではないでしょうか?それって夏バテかも?
これからもっと暑くなってくるので夏バテしないように気を付けましょう。
そこで、今回は夏バテについてお話ししていきますね。^o^
 

夏バテのメカニズム

熱中症
夏バテはなぜ起こるのでしょうか??
人間の体は、日本の夏のように高温・多湿な状態におかれると、体温を一定に保とうとして、
必要以上のエネルギーを消費し、かなりの負担を強いられるんです。
 
多くの場合は、その負担に耐えられるのですが、過度に負担が強くなったり、毎日続いて長引いたりすると、
その暑さに対応することができず、 体にたまった熱を外に出すことができなくなり、
熱が出たり、だるくなって胃腸の働きが弱まったりしてきます。
この無理が続いて、体が限界に来ている状態のことを夏バテと言うんです。
 

夏バテの症状

夏バテの症状は色々あるんです。
夏バテになってしまった場合、自律神経が失調してしまうことが多いのですが、
自律神経は全身の機能に影響を及ぼすため、 夏バテになると心身ともに不調になってしまい、次のような症状がでてきます。
・全身の倦怠感
・無気力
・食欲不振
・下痢・便秘など
・イライラする
 
など時に頭痛・発熱・めまいを伴うこともあるんです。
上記のどれかに当てはまっている方はすでに夏バテを起こしているかもしれません。
そんな方もご安心ください!対策と解消法をご紹介していきますので是非試してみてください♪
 

夏バテを防止・解消する方法

水分を補給する

暑い夏には汗としてどんどん水分が失われていきます。
なので、しっかりと水分を摂りましょう。
しかしただ単に水分を摂るだけではダメなんです。
冷たいジュースやビールは胃腸の働きを弱めてしまい、逆に夏バテを促進させてしまうので注意しましょう。
一番いいのは温かい飲み物を少しずつ飲むことです。
消化の促進したりリラックス効果のあるハーブティーも夏バテには効果があります。
でも、暑いのでどうしても冷たい水が飲みたくなりますよね(^^;
そのときは、口に少しだけ含んで、口の中で水を少し温めてから、飲むようにすれば随分と変わります。

冷房の効きすぎに備え

暑い外からクーラーの効いた室内に入ることを何でも繰り返していると、
自律神経がまいってしまい、めまいや食欲低下を招いてしまうので、
なるべく外の気温と室内の温度差
 

しっかりと寝る

熱帯夜が続く暑い夏は寝不足になりがちです。
ですが、寝不足は体力不足を招き、確実に夏バテへの道を進ませてしまいます。
暑い夜でもぐっすりと寝るための工夫が必要です。
そこで暑い夜でもぐっすりと寝れる工夫をご紹介していきます。
 
・寝る前に部屋を冷やしておき、寝るときにはクーラーを切るとかタイマーオフにしておくのがいいでしょう。
寝るときの温度は28度ぐらいが最適です。絶対にやってはいけないのは、 直接風を体に当てること。
 
・寝ゴザや竹シーツを使う
寝ゴザや竹シーツはからだと布団の密着面積を減らして、体感温度をさげてくれます。
 

まとめ

笑顔
どうでしたか?夏バテについてわかっていただけたでしょうか?
今回お話した夏バテについて、夏バテの対策・解消法が少しでもあなたのお役に立てると幸いです。
是非試してみて下さいね!しっかりと対策してこれからの暑い夜を乗り切りましょう!!
 
 
御堂筋線本町駅1番出口 徒歩3分 あなたの元気と若さを取り戻す整骨院
大阪市中央区の整体「Rinato鍼灸整骨院」
[あなたに合ったオーダーメイドの整体を行います!]
ご予約・お問い合わせはコチラより
(携帯・スマホの方は、クリックで直接電話できます!)
06-4708-8351(12:00~21:00)
※日曜、祝日はお休みとなります。
 
大阪で身体の不調に悩む方へ