O脚改善のための歩き方講座

 
足のすね
 
O脚を改善したい人たちは、

  • 歩き方が気になる
  • 綺麗に歩きたい

と思っている人が多くいます。
O脚の方々は、この歩き方が悪い方が結構多いです!
O脚になりやすい歩き方と、なりにくい歩き方というのがあるので、実際に説明していこうと思います。

O脚になりやすい歩き方

O脚になりやすい歩き方というのがあるのはご存知ですか?
今までの歩き方の癖が染み付いてしまって今の状態になっている場合もあるので、生活習慣から見直していく必要があるのです。
①内股歩き
O脚のの大奥の人が内股で歩いていることが多いです。
自分の歩き方なんて正面から見ることってほとんどないですから、知らず知らずのうちに内股歩きになっている可能性が考えられますね!
内股になる人の特徴は股関節のねじれがある場合か、太ももの筋力不足になっている人のパターンが多いです。
股関節のねじれは矯正をくわえながら徐々に動きを出していくようにしなければいけませんが、筋力の場合は、少しの意識を続けていくだけでも改善させていくことができます!
②2軸歩行
2軸歩行と聞いてイメージできる人は少ないかもしれませんね!
いわゆるペンギンさん歩きみたいになっている状態です。
この歩き方をしている状態は太ももの内側、内股の筋力がうまく使えていない可能性があるので、O脚になりやすい状態にあるかもしれません!
太ももの筋肉は外側と内側がありますが、内外の筋力のバランスがあります。
このバランスを崩れると歩き方も変わってしまいますし、立ち姿勢も崩れていってしまいます。
③視線が下がっている
視線もO脚になる大きな要因です!
視線が下を向くとお尻が突き出すような姿勢になるので、内股になりやすくなってしまいます。
また、お尻が突き出す姿勢は太ももの外側に筋力負担がかかるので、内股の筋力低下を引き起こし亭しまうきっかけにのなります。
スマホを見ながらの歩行は危険とも言われていますが、O脚になりやすい状況まで生んでいることが言えますね!

O脚を改善する歩き方は

先ほどはO脚になりやすい歩き方をご紹介してきました。
では、O脚を改善するためにはどのようにな歩き方をすればいいのでしょうか?
①1軸歩行をする
O脚を改善するためには1軸歩行が鍵になってきます!
1軸歩行ってなんだ?という印象を持たれたかもしれませんが、いわゆるモデルさん歩きですね!
極端に足をクロスして歩く必要はありません!親指が重なる程度にして歩いてもらう方が理想的ですね。
足を内側にに寄せながら歩くと内股の筋肉が刺激されますし、足が開いていくる状況を日常的に防ぐことにつながります。
②力は母指球にかける
内股の筋肉に力が入りやすくなるように、足裏の重心は母指球にかけるようにすると、より太ももの内側の筋肉に力が入り、O脚を防ぐ状態に近づけることができます。
親指に意識することで、先ほどご紹介した歩き方も足をうちに寄せやすくなる効果も期待できます。
③目線は遠くを見つめる
目線を遠くで見つめることは姿勢を正すことになりますし、お尻が後ろにひけないので太ももの内側にの力が入りやすくなります。
目線が下がることで腰が下がってしまいますし、太ももの外側に力が入りやすいためO脚改善のための歩行をするためには必ず目線は遠くを見つめるように注意しましょう!

まとめ

O脚を改善するための歩き方を知るためには、間違った歩き方と正しい歩き方を理解することが大事です。
両方の歩き方を知ることで、改善のための近道になるはずです。
ただ、慣れないうちはふらついたりしてしまうので外で歩く場合は気をつけましょう!
慣れないうちは家の中や近所で歩いてもらうようにしてから慣らしていってください。