脊柱管狭窄症

腰痛と脊柱管狭窄症の違い
ダウンロード (4)
あなたは脊柱管狭窄症という言葉を聞いた事があるでしょうか?
あまり聞き慣れない症状かもしれません。
そんなに有名な病気でもありませんし好発年齢が高いので若い世代には聞き慣れないかもしれません。
 
しかし腰痛とは全然違う症状なので、脊柱管狭窄症と腰痛を混同して整体やマッサージをうけても中々改善しないということがよくあります。
 
当院に来院される脊柱管狭窄症のお客さんも色々な整体や整骨院また病院に行ったが改善が見られなかったという例が後を絶ちません。
 
そんな風にならないでほしいですし、またすでに今困っている人の為にもここで詳しく書いていきますね。
 
 
まずは脊柱管狭窄症でどんな症状がでるのか?
 
・腰の痛み・張っている感じ・重さやだるさ
・歩いていると足にシビレがきて歩くのが辛い
・階段や段差でつまづきやすくなる
・足に力がはいりにくい
足の痛さ
脊柱管狭窄症の代表例が上記のような感じです。
普通の腰痛でもよくある症状なので少し見極めが難しいですが特に足に関連した症状がでやすいのが特徴ですね。
 
少し歩くとしびれや痛みで歩くのが辛くなり、少し前かがみで休むと楽になるというのが一番の代表例かもしれません。
 
この症状が出ているときは普通の腰痛の施術をしても効果が得るのは難しいと思った方が良いですね。
 
では脊柱管狭窄症を改善させる為にはなにが必要なのか?
 
病院で行う西洋医学と東洋医学では少し処置の仕方が変わります。
けど共通する点もあるのでまずはそれを紹介しますね。
 
・温熱療法
簡単に言えば温めるという事です。
自宅でやるのであれば蒸しタオルを作り、それを腰にあてるだけです。
間違えていけないのは、足に症状があるからと言って足にあてても改善は
見込めません。
 
それでは意味がないので、本来の原因になっている腰にあてていきます。
今は病院や整骨院でもホットパックを売ってくれるのでそれを買っておく
のもいいです。
 
・運動療法
適度な運動は脊柱管狭窄症にも有効です。
ただ運動をしようと思ってもシビレを伴っているので中々動かす事ができ
ないということになるので難しいという人もいるでしょう。
運動
その時には特殊な運動療法があります。
文章では説明が難しいので当院で脊柱管狭窄症の運動を指導していますので
お問い合わせください。
 
この2つとも効果はありますがすぐに結果のでるものではないので、途中で
不安になったり諦めてしまうのが1つの問題でもあります。
 
Rinatoおススメ脊柱管狭窄症の改善方法
当院に来られる脊柱管狭窄症のお客さんのほとんどは上記のような事をすでにしているが改善がなかなかしないという事で来られます。
 
現実は厳しいもので脊柱管狭窄症の改善は自分だけでは難しいのが現実です。
その時にどうするのか?
 
これは整体師がもっとも得意手技を使って改善までの道のりを短縮するという事です。
 
考え方は非常に簡単です。
 
・全身の循環を促す
・動きにくい関節の補助をする
・正しい姿勢を身につける
 
という3つの段階にわけて手技をしていけば脊柱管狭窄症の症状をもった人達が改善しています。
もちろん全ての人にあてはまるわけではありませんが、ただ牽引や薬を飲んでいるというだけの場合よりは確率は高まるでしょう。
 
この考えを理解をして整体や鍼灸を行う事ができる整体師に会う事ができるとあなたがもつ
・脊柱管狭窄症の症状がなかなか治らなくて不安
・もう手術しかないと言われてしまった
・この状態が続いて仕事や趣味に制限がかかっている
 
そんな悩みや不安が解消されることになるかもしれません。
 
あなたがもし脊柱管狭窄症の関連した悩みを持っているのであればいつでも当院にご連絡ください。
 
あなたの脊柱管狭窄症による悩みが解消される事を心より祈っています。
大阪で脊柱管狭窄症でお困りの方へ