脊柱管狭窄症の予防とストレッチについて

脊柱管狭窄症の予防とストレッチについて

「脊柱管狭窄症 無料画像」の画像検索結果
年齢がいけばいくほど最初はただの腰痛だったものが、痛みがひどくなったり
しびれをともなったりする事があります。
その中でも僕が最もなりたく無い腰痛が当院で来院がよくある、脊柱菅狭窄症です。
脊柱管狭窄症の為日常的な生活に支障が出ない為にどうすればよいでしょうか。
 
日頃から、下半身や腰付近の筋肉を鍛えることによって、痛みが軽減されることがあります。
しかし症状がでてからでは遅いのでできる限り、腰がしんどくなりやすいとか
予兆がある人は早く対処をしていく事がおすすめです。
それでは脊柱管狭窄症の症状を軽減するためのストレッチとその方法についてまとめてみました。
 

1、ストレッチをする理由はなぜ

ストレッチを行う理由としては
・筋力アップ
・血流改善
・筋肉の緊張緩和
などです。
 
筋力をアップすることで、痛みの為に一部の部分負担がかかることが考えられる為、筋肉の疲労を予防して、
日常生活を円滑に行うことができるように保持する目的があります。
痛みなどについては血流が悪くなることで起こることが多くありますので、慢性的な痛みの予防の目的があります。
筋肉の緊張状態で運動をすると、筋肉を痛めることになりますので、体や筋肉の緊張感をなくす事も目的のひとつです。
 
特に脊柱管狭窄症の場合は無理のない運動(ウォーキングなど)を毎日行うことで症状の軽減と防止につながると考えられます。
いきなり激しい運動や腰や股関節の負担のかかるものは逆に筋肉を痛めます。
その為に運動する為にも必要なものです。
 
※体調が悪い時や痛みがある時はストレッチや運動はさけてゆっくりと休養することも大切です。
行う時は痛みが無い時に無理のない位から少しずつすることがポイントです。
 

2、脊柱管狭窄症予防の簡単ストレッチ

それでは、具体的に脊柱管狭窄症のストレッチについてご紹介します。
無理なく簡単にできそうなものがありますので、体調の悪い時などは無理せずにお願いします。
 
1、道南労働者医療協会の方が紹介しているストレッチです。

・腰背筋のリラクゼーション(痛みの予防)

1、イスに座った状態で方足ずつ、足をイスの上に挙げて抱え込みます。
2、そのままの姿勢で保持します。(5秒)
3、左右1回を5セット行います。

・腰背筋の強化

1、イスにやや、お尻を前に付出る感じで座ります。
2、背中は背もたれにつかない程度の姿勢を保持します。(5秒)
3、これを5セット行います。
※Library 体を動かして・脊柱管狭窄症
https://www.dounank.com/libraries/2011/08/29.html  医療法人 道南勤労者医療協会より
 
2、ヨガの赤ちゃんのポーズの変形版
「ヨガ 赤ちゃんのポーズ」の画像検索結果
ヨガをされている方はご存じだと思われますが、赤ちゃんのポーズ(ガス抜きのポーズ)
も腰の負担を軽減するものですが、こちらは頭も全体的に丸くなるような感じですので、
頭も上に上がるような感じですので、もう少し負担が少ない感じのもので紹介します。
 
1、仰向けに寝ます。
2、両足を胸の方に抱え込むようにします。背中と頭は床についたままの姿勢です。
3、そのままの姿勢を保持します(5秒)
4、これを10セット行います。
 

おわりに

日常生活を無理なく自分でできることは行うようにすることが大切です。
体調に合わせながら、やり過ぎない位のストレッチを習慣にすることで、
自然に体調が整って、痛みが出にくくなったり、症状が落ち着いたりするようです。
 
まずは、自分ができる所から始める事が良いかもしれませんね。
それでも1人で抱え込むにはしんどい症状なので、できる限り信頼できる先生に問題を相談する事をお勧めします。
あなたの症状が1日でも早くなる事を願っています。
 
【あなたの希望を叶える整骨院】Rinato鍼灸整骨院 石水孝幸
大阪で脊柱管狭窄症にお困りの方へ