首の脊柱管狭窄症について

こんにちは。Rinato鍼灸整骨院の宮武です。
脊柱管狭窄症と言えば腰部が主と言われていますが、今回は首の脊柱管狭窄症についてご紹介していきますね。

頚部脊柱管狭窄症とは

首が回らないサラリーマン
首の脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある脊柱管(神経のトンネル)が狭くなってしまっている症状の事を言います。
脊柱管の周りにある靱帯が変性(老化現象のようなもの)で厚くなってしまったり、椎間板が突出したりで起こります。
脊柱管が狭くなってしまうと、神経が圧迫されてしまい、首・肩・腕などに痛みや痺れが表れてしまいます。
首のあたりの脊髄には、手の神経、足の神経、排尿や排便に関わる神経などが通っています。
なので、首で脊柱管狭窄症を起こすと、手や足の麻痺、排尿・排便の障害などを起こす可能性があります。
 

どんな症状?

首の骨は脳から体への指令を出す神経が通る重要な部分です。
下記の症状が当てはまる場合は、なるべく早い病院での受診をお勧めします。

肩や首周りの筋肉がこっている、常に緊張したような状態である

二の腕の外側に痛みやしびれがある

肘から下、親指や人差し指まで痛みやしびれがある

上記の症状は、突然発生するのではなく、徐々に進行しいつの間にか慢性的に続くようになります。
なんだかずっと肩や首が痛いな、握力が落ちてきた気がする、など心当たりがある方は一度病院を受診しましょう。
 

症状を改善するには?

1.循環をよくする

痛みを感じるほとんどの原因は、実は血流障害だったりします。なので、血流がよくなれば痛みを感じることも少なくなるという事ですね。

2.生活習慣を見直す

血流を良くするために、お茶やジュースではなく飲み物をすべて水に変える、甘いものや塩分の多いものを控える、お酒を飲みすぎない、睡眠をしっかりとるなど、言い出すときりがないですが、できることから少しずつ変えていきましょう。

3.考え方を変える

老化現象だからしょうがない、どうせ治らない。
そう思っていたら治るものも治らないです。
自分は痛みを感じていなかったあの時の自分に戻れる!と考えている人の方がなんとなくでも前者より治りやすそうだと思いませんか?
 

まとめ

河川敷でランニング
現在、辛い症状でお困りのあなたは、この先もっと悪化していくんだろうか?手術しなければいけないのだろうか?とお考えではありませんか。
やはり時間をかけて重くなっていった症状は治るのにも時間がかかります。
ですが、良い先生と出会い、なぜ脊柱管狭窄症になったのか、どのように治っていくのか、という事をしっかり理解することができればこの先の生活に希望を持つことができるのではないでしょうか。
そんな不安と戦っているあなたの手助けになれたら幸いです。
大阪で脊柱管狭窄症にお悩みの方へ