ぎっくり背中

  • 急に背中が痛みだし凝っているのとは違う痛みがとれない
  • 湿布を貼っている時は少し楽に感じるが痛みがひかない
  • すごく痛いのは楽になったがずっと凝りとは違う痛みがとれない
  • 病院に行っても骨には異常がないとしか言われない
  • 肋間神経痛や他の病気ではないからと言われ放置されている
  • 痛みが中々ひかないので仕事にも集中できない

もしあなたがこのような事でお悩みであればこのまま読み進めてください。

当院でお役に立てるでしょう。

なぜ、湿布を使ってもマッサージをしてもとれなかった背中の痛みがとれてしまうのか?

それは、

400人以上の施術家を指導するプロの施術家だからこそできる、痛みの原因の内臓から整体をする技術があるからです。

ぎっくり背中とはなんなのか?

なにかの拍子で気づいたら背中を痛めた・・。
ぎっくり腰というのは有名なので聞いた事はあると思います。

しかしぎっくり背中というのはあまりなじみが無いと思います。

当院にも背中の痛みがとれないという相談や実際に来院される方が月に2〜3名は必ずいらっしゃいます。

ほとんどの場合は

  • 背中の筋肉を痛めている
  • 加齢による筋力低下と損傷を併発している

という事がほとんどです。

ではなぜその背中の痛みがとれないのでしょうか?

それは、筋肉を痛めているからといって背中をマッサージしたりストレッチをすればいいというわけではありません。

痛みがなかなかとれない人には共通点があります。
それが「内臓疲労」をおこしているという事です。

なのでこの内臓の処置をしていく事によって背中の痛みがとれていくわけです。

Rinato鍼灸整骨院では、ギックリ背中の原因を

  • 内臓の疲労
  • 関節・筋肉の硬さ

と考えています。

内臓の疲労(※病気ではありません)が起こると「関連痛」と言って内臓の背中側や肩に痛みが起こることがあります。
また、内臓が疲れると重力に逆らえず「下垂」してしまい、背中や腰の神経を刺激することも少なくありません。
また、背骨や肋骨などの関節やその周りのの硬さがあると、炎症が起きやすくなりギックリ背中の原因になります。

そこで当院では、まず検査によって原因を調べた上で、問題がある内臓の疲労をとる「内臓整体」を用い、あなたの疲れている内臓の機能を向上します。
そうすることで背中の神経・関節・筋肉への刺激をなくして行きます。
その上で関節や筋肉の動きを出す調整を行い、ギックリ腰を改善・再発防止に導きます。

当院での「ギックリ背中」へのアプローチは?

最初はこの方達も本当にこれで大丈夫かと思ったそうです。 本当に触れているだけの施術ですからそう思うのは無理もありません。 しかし当院を信じて頂いたおかげで今までは全然違う体を手に入れる事ができました。

ただ痛いところだけをマッサージをしていればいいという安易なものでも 自分は何もせず担当者にまかせておけばいいという投げやりではなく、自分の体を必ず改善させるという気持ちをもつことで背中の痛みが改善されていくのです。

店舗情報

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

お得な初回限定料金はこちら

初回限定

まずはお気軽にお問い合わせください!

LINEで24時間予約可能