テニス肘

  • 肘の外側が痛く、整形外科に行くと「テニス肘」と診断された
  • 肘がズキズキ痛み、雑巾を絞るような動作や物を持つと痛みが出る
  • テニスの試合に早く出たいのになかなか症状が改善しない
  • 改善したと思ったらバックストローク時(肘を引く動作)で痛みが出る
  • テニス肘での痛みが軽くなったり悪化したりしてなかなか安定しない

このようなお悩みを抱えられているあなたは是非当院にお任せください。
なぜなら、これらのお悩みは当院の患者様が抱えられていたお悩みだからです。

テニス肘は主にテニスなどのスポーツをしている方に多い症状ですが、テニスをしていない方にも出ることがある症状です。
日常生活でも荷物を持つときや、雑巾を絞る動作などで痛みが出たり、スポーツをしている方は、症状を気遣うあまりにスポーツに集中できないことも少なくありません。

テニス肘での症状は改善します。
一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。

テニス肘とはどんなもの?

上肢の骨

そもそも、テニス肘とは正式名称を「外側上顆炎」といい、図の外側上顆という骨の周りに炎症が起きる症状です。
基本的には、肘から腕にかけて痛みが出ます。

肘の周りの筋肉や腱に炎症が起きているので、

  • 手や腕に力を入れる
  • テニス(特にバックストローク時)をしている時
  • 荷物を持ち上げる
  • 雑巾(タオル)を絞る

などの動きで痛みが起こることが多いです。

多くの場合、何もしていないのに痛みが出ることはありません。

整形外科や一般的な整骨院での対処法は?

注射や手術はいや…ではどうすれば症状をスムーズに改善できるのでしょうか?

一般的に「テニス肘」と診断されると、

  • 注射
  • テーピング
  • 湿布
  • 電気治療
  • アイシング
  • 安静

を指示されます。
それでも改善しない場合は手術をすることがあります。

しかし、多くの患者様は、
「手術をしなくてもなんとかスッキリ改善させたい」
「テニスをしながらテニス肘を改善させたい」
「良くなったと思ったらまた痛みが出るという状態を繰り返している」
などと仰ることが多いです。

では、どうすればテニスをしながらスッキリ症状を改善できるのでしょうか?

当院のテニス肘へのアプローチ

Rinato鍼灸整骨院では、「なぜテニス肘になってしまったのか?」「なぜ早期に改善しないのか?」「どこに原因があるのか?」をまずは徹底的に検査をすることから始めます。

多くの場合、その原因は、

  1. 体の使い方・バランスの悪さ
  2. 内臓の疲労
  3. 自律神経の乱れ

一見関係がないように思えるこれらの問題、一体テニス肘にどう関係があるのでしょうか?

1、体の使い方、バランスの悪さ

上肢の骨

肩から腕の骨はこのようになっていて、骨にはたくさんの筋肉がついています。
テニス肘の痛み(炎症)の起こる部分は筋肉の付け根の「腱」という部分です。

例えば、肩が前に丸まっていたり、肘が内に向いていたりなど…肘関節や肩関節がねじれていたり歪んでいたりすると、その周辺の筋肉や腱はアンバランスに使われることになります。

その状態で日常生活やテニスなどの運動で、腱が異常に引っ張られたり圧迫されたりして、疲労したり、少しずつ痛んで行ったりします。
そしてある時、炎症が起きてしまうのです。

そこで当院では、あなたの状態や、あなたの体の使い方を調べ、

  • どういった体の癖があるのか?
  • どんな体の使い方をしているのか?

を把握します。
テニス肘の症状が出ている方はほぼ必ずこれらに問題があります。
それらを施術・ケアをすることで体の癖やバランスの悪さが改善し、症状は早期改善に向かうのです。

この施術法を取り入れると、無理に安静にする必要はありませんので、スポーツのパフォーマンス面でもご安心いただいています。

2、内臓の疲労

血流の改善がテニス肘の改善のポイントです。

これはあまり聞いたことがないかもしれませんが、テニス肘などの炎症が起きた場合、体は

  • 炎症を抑えるホルモン
  • 炎症成分を分解する内臓に運ぶ

という働きを血液が行なっています。

また、テニス肘の炎症が起こりやすい「腱」は筋肉の端の部分です。

  • 筋肉を柔らかく、しなやかにする
  • 筋肉に栄養を送る
  • 筋肉の疲労を改善し、傷みにくくする

などの働きも血液によって行われています。
ですので、炎症を起こさないために、炎症を改善するために、血液の流れは必須です。

「いつもと変わらない運動量なのに急に痛みが出て、テニス肘になってしまった」
「1、2週間で治ると思っていたら、それ以上経ってもなかなか改善しない」

という場合、多くの原因は血行不良です。

当院では、血行不良を改善するために、血流の調整や血液の浄化を行なっている内臓の疲労を取る施術やケアを取り入れています。その結果、テニス肘の早期改善はもちろん、再発防止もできるのです。

3、自律神経の調整

自律神経の調整もテニス肘の改善には必要です。

先ほど、テニス肘などの炎症の改善には血行の改善が必須だとお伝えしました。

その血流やそれらを調整している内臓の命令をしているのが、自律神経なのです。
ですので、生活習慣の乱れやストレスなどで自律神経が乱れていると、テニス肘になりやすく、改善しにくくなってしまうのです。

また、多くのスポーツ選手はケガをしたことによって、焦りや不安などでストレスを感じてしまいます。

当院では、そういったメンタルケア・自律神経の調整・自律神経を整えるための生活指導をすることによって、テニス肘を早期改善に導いているのです。

テニス肘は、日常生活に支障をきたすだけではなく、思うようにスポーツができない、いつものように腕や肘を使えないことによって、ストレスを与えます。

テニス肘はあなたに合った適切な処置をすることで改善します。

一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。

お得な初回限定クーポン!

初めての方限定特典

施術に満足できなければ全額返金いたします

店舗情報

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

まずはお気軽にお問い合わせください!

LINEで24時間予約可能