ギックリ背中

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 急に背中に激痛が走り、痛みが改善しない
  • 首を下に向けたり、呼吸をしたりすると背中の痛みが出る
  • 背中のコリが慢性化し、ひどくなると強い痛みを背中に感じる
  • 季節の変わり目や疲労が溜まったときに背中に痛みを感じる
  • 背中の痛みが良くなったり悪化したりするのを繰り返している

もう大丈夫です!
当院にはこのようなご症状でお困りの方が数多く来院され、改善に導いています。

ギックリ背中は、癖になりやすく、改善したと思っても何度も再発したり、背中の痛みが慢性化したりすることも少なくありません。

一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。

そもそも「ギックリ背中」とは?

ギックリ背中とは?

ギックリ背中とは、正式名称ではありませんが、一般的には「急に背中が痛くなる」「今まで感じたことのない痛みを背中に感じる」という状態です。

原因としては、背中の関節や筋肉に炎症が起きていることがほとんどです。
息をすると背中の肋骨部分が痛むようでしたら肋間神経痛の可能性もあります。

多くの場合、「今までは肩こりや背中の疲れを感じるだけだった」という状態から炎症に悪化していることがほとんどです。

しかし、のたうちまわる痛みや発熱も同時にある場合は稀に腎臓の病気や胆石症が見つかる可能性もありますので、念のためにないかを受診されてみても良いかもしれません。

一般的な「ギックリ背中」への対処法は?

ギックリ背中への対処法とは?

内科や整形外科に行って、検査やレントゲンをしても何も問題がない場合、

  • 痛み止めの処方
  • 湿布
  • アイシング(冷却)
  • マッサージ
  • 電気療法

などの対処を取ることが多いです。

正常なら2日〜1週間で痛みが引きますが、対処をしていてもなかなか症状が改善しないことや痛みが再発することも少なくありません。

では、ギックリ背中の痛みを改善し、再発に導くことにはどうしたら良いのでしょうか?

当院での「ギックリ背中」へのアプローチは?

ギックリ背中の当院でのアプローチ

Rinato鍼灸整骨院では、ギックリ背中の原因を

  • 内臓の疲労
  • 関節・筋肉の硬さ

と考えています。

内臓の疲労(※病気ではありません)が起こると「関連痛」と言って内臓の背中側や肩に痛みが起こることがあります。
また、内臓が疲れると重力に逆らえず「下垂」してしまい、背中や腰の神経を刺激することも少なくありません。
また、背骨や肋骨などの関節やその周りのの硬さがあると、炎症が起きやすくなりギックリ背中の原因になります。

そこで当院では、まず検査によって原因を調べた上で、問題がある内臓の疲労をとる「内臓整体」を用い、あなたの疲れている内臓の機能を向上します。
そうすることで背中の神経・関節・筋肉への刺激をなくして行きます。
その上で関節や筋肉の動きを出す調整を行い、ギックリ腰を改善・再発防止に導きます。

ギックリ背中の原因を知り、改善に導きましょう

ギックリ背中は、どんな動作も響いてしまうくらい、日常的な動作に影響してしまいます。
そんな辛いギックリ背中が慢性化したり、再発したりすると辛いですよね。

もし、あなたがギックリ背中でお悩みでしたらお気軽に当院にご来院ください。
あなたのご来院を心からお待ちしております。

お得な初回限定クーポン!

初めての方限定特典

施術に満足できなければ全額返金いたします

店舗情報

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

まずはお気軽にお問い合わせください!

LINEで24時間予約可能