逆流性食道炎

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 食後、ゲップや吐き気が出るので食事をするのが億劫だ
  • 逆流性食道炎と診断され、薬を飲んでいるがなかなか症状が改善しない
  • 胸が締め付けられたり、不快感を感じることが多い
  • 疲れが出ると胃が気持ち悪くなったり、喉の支えを感じたりする
  • ストレスが溜まると、逆流性食道炎の症状がひどくなってしまう

もう大丈夫です!
当院にはこのようなご症状でお困りの方が数多く来院され、改善に導いています。

逆流性食道炎は、食後の気持ち悪さが起こることで食事が楽しめなかったり、飲食に制限がかかってしまうこともある辛い症状です。

一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。

そもそも「逆流性食道炎」とは?

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、通常、食道から胃へと繋がる部分に、逆流しないようにある弁がうまく働かず、胃酸や胃の中の食べ物が逆流してしまう病気です。

症状としては、

  • 呑酸(胃酸が逆流し、酸っぱく感じる)
  • 胸痛・胸のつかえ・違和感
  • 咳・ゲップ
  • 吐き気・嘔吐

などが出ることがほとんどです。

原因は便秘や食生活の乱れと言われており、慢性化するとガンの原因になると言われています。

一般的な「逆流性食道炎」への対処法は?

逆流性食道炎への対処法とは?

逆流性食道炎の症状を感じ、内科に行くと、投薬によって治療を受けることが一般的です。

しかし、薬が手放せなくなってしまったり、体調が悪いときに逆流性食道炎の症状が悪化したり、ストレスや食べたものによって症状が左右してしまうことも少なくありません。

では、どうすれば逆流性食道炎の症状を改善に導くことができるのでしょうか?

当院での「逆流性食道炎」へのアプローチは?

脊柱管狭窄症へのアプローチ

Rinato鍼灸整骨院では、逆流性食道炎の原因を

  • 内臓の疲労
  • 自律神経の乱れ

と考えています。

内臓の疲労が出ると、内臓の機能が下がってしまいます。
そうすると胃が下垂(下に下がる)したり、働きが悪くなったりします。
また、内臓は自律神経が命令しているのですが、ストレスや生活習慣の乱れが原因で自律神経が乱れると食道や胃の機能が下がり、逆流性食道炎の原因になります。

そこで当院では、独自の「内臓整体」「自律神経整体」を用い、内臓やそれを命令する自律神経を整えることで、逆流性食道炎を改善に導くことができるのです。

坐骨神経痛の原因を知り、改善に導きましょう

 

逆流性食道炎は、その辛い症状から、日常生活に支障をきたしたり、心身共にストレスになってしまいます。

もし、あなたが辛い逆流性食道炎でお困りなら是非当院にご来院ください。

あなたのご来院を心からお待ちしております。

店舗情報

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

お得な初回限定料金はこちら

初回限定

まずはお気軽にお問い合わせください!

LINEで24時間予約可能