顎関節症

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 口を開けると「カクカク」「ジャリジャリ」と音がする
  • 口を開けたり閉じたりすると耳の前に痛みを感じる
  • 顎関節症を診断され、マウスピースを作ってもらったがなかなか症状が改善しない
  • 口が開かず、食事や歯磨き、会話に支障をきたしている
  • 寝ている時の食いしばりがひどく、朝起きたら顎周りが凝ったり痛かったりする

もう大丈夫です!
当院にはこのようなご症状でお困りの方が数多く来院され、改善に導いています。

顎関節症は、悪化すると口が思うように開かなかったり、痛みで食事が楽しめない…などと辛い思いをしてしまうことがある症状です。

一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。

そもそも「顎関節症」とは?

顎関節症とは?

顎関節症とは、耳の前にある「顎関節」に炎症や癒着(くっつく)、ズレが起こり、

  • 口の開閉で「カクカク」「ジャリジャリ」と音がする
  • 口の開閉で顎関節が痛む
  • 口が自分の指2本以上開かない

などといった症状が出てしまうものです。

原因としては、歯の噛み合わせの悪さやストレスなどと言われています。

また、慢性化しやすく、改善しにくい症状とも言われています。

一般的な「顎関節症」への対処法は?

逆流性食道炎への対処法とは?

顎関節症が起こり、歯科や口腔外科に行くとマウスピースを作ったり、痛み止めを処方されることが一般的です。

整骨院などでは顎関節周辺の筋肉のマッサージを行うことがほとんどです。

もちろん、それらの処置で改善する場合もありますが、対処を行なっても症状が改善しない場合や、顎関節症の症状が悪化していく一方という方も少なくありません。

では、どうすれば顎関節症の症状を改善に導くことができるのでしょうか?

当院での「顎関節症」へのアプローチは?

脊柱管狭窄症へのアプローチ

Rinato鍼灸整骨院では、顎関節症の原因を

  • 頚椎の硬さ・歪み
  • 自律神経の乱れ
  • 内臓の疲労

と考えています。

まず、顎関節は頚椎(首の骨)の上部と同時に動いています。
ですので頚椎がゆがんでいたり、動きが悪くなったりしていると顎関節の動きも悪くなったり、歪みが出たりして顎関節症の原因となります。
また、自律神経が乱れたり、内臓が疲労したりすると体液循環が悪くなり、顎関節の滑りが悪くなります。

そこで当院では、まずはあなたの体を丁寧に検査し、顎関節症の原因を把握します。
その上で関節調整・自律神経の調整・内臓の疲労を取る整体を行い、体の機能面から良くしていきます。

そうすることでどこにいっても良くならなかった顎関節症を改善に導くことができるのです。

坐骨神経痛の原因を知り、改善に導きましょう

 

顎関節症は、痛みや動きの悪さで食事や歯磨きなど、毎日行う動作や行為が苦痛になることで、精神的にもかなりのストレスになってしまいます。

もし、あなたが辛い顎関節症でお困りなら是非当院にご来院ください。

あなたのご来院を心からお待ちしております。

出身地 大阪市東淀川区
趣味 サッカー フットサル
資格 柔道整復師
好きな言葉 為せば成る

2005年 柔道整復師 取得(国家資格)
2005年 大阪市内の整骨院にて勤務
2007年 同院で副院長として従事
2012年 ほのか整骨院の院長として勤務

お得な初回限定クーポン!

初めての方限定特典

施術に満足できなければ全額返金いたします

店舗情報

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

まずはお気軽にお問い合わせください!

LINEで24時間予約可能