肋間神経痛

こんなお悩みでお困りではありませんか?

  • 肋骨の下や肋骨の間が痛く、咳やくしゃみで痛みが響く
  • 病院で肋間神経痛と診断され、治療をしてもらっているがなかなか症状が改善しない
  • 肋骨の周りが痛く、しゃがんだりお辞儀をしたり、起き上がったりする動作が痛い
  • 疲れると肋骨の間が痛くなる癖がついてしまっている
  • 肋骨に激痛が走り、日常生活に支障をきたしている

もう大丈夫です!
当院にはこのようなご症状でお困りの方が数多く来院され、改善に導いています。

肋間神経痛は、何度も繰り返すことも少なくなく、症状が出ると些細な動きでも痛みを感じてしまうこともある辛い症状です。

一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。

そもそも「肋間神経痛」とは?

不整脈とは?

肋間神経痛とは、肋骨の間にある神経が刺激され、痛みがでる症状です。
しゃがんだり、起き上がったり、体を反らせたりするなど、肋間の神経を圧迫すると痛みが出ることも多く、激しい痛みを感じることも少なくありません。

原因が明らかになっているものでは、

  • 胸椎椎間板ヘルニア・変形性脊椎症・側彎症
  • 心臓・肺の病気
  • 帯状疱疹

などで神経が圧迫される場合です。

しかし、はっきりした原因が見つからないものが多いです。

一般的な「肋間神経痛」への対処法は?

肋間神経痛への対処法とは?

肋間神経痛と診断されると、

  • 消炎鎮痛剤
  • ブロック注射
  • 湿布

などの処置を行うことがほとんどです。

また、胸椎椎間板ヘルニアや変形性脊椎症・側彎症などのはっきりした原因がある場合はそれらに対して施術を行います。

しかし、処置を行っているにも関わらず、症状が再発したり、慢性的なだるさにつながることも少なくありません。

では、どうすれば肋間神経痛の症状を改善に導くことができるのでしょうか?

当院での「肋間神経痛」へのアプローチは?

肋間神経痛へのアプローチ

Rinato鍼灸整骨院では、肋間神経痛の原因を

  • 骨盤や背骨のバランスの悪さ
  • 血流の悪さ
  • 内臓の疲労

と考えています。

骨盤や背骨に歪みが出ると背骨についている肋骨もバランスを崩してしまいます。
そうすることで肋間神経が刺激され、痛みが出てしまう原因になります。
また、血行不良が起こることで疲労物質や発痛物質がたまり、肋間神経痛が出やすくなります。
内臓が疲労することも血行不良の原因になりますが、内臓が疲労することで内臓下垂(下に下がる)が起こり、肋骨やその周りの神経を刺激することにより、肋間神経痛になることもあります。

そこで当院では、まずは骨格的に骨盤や背骨・肋骨の調整を行います。
その上で内臓の機能を高め、血流をよくしたり、内臓の下垂を調整することで肋間神経への刺激を軽減させ、肋間神経痛の症状を改善に導きます。

肋間神経痛は、日常的な動作で激しい痛みが出ることもある辛い症状です。

もし、あなたが辛い肋間神経痛でお困りなら是非当院にご来院ください。

あなたのご来院を心からお待ちしております。

店舗情報

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

お得な初回限定料金はこちら

初回限定

まずはお気軽にお問い合わせください!

LINEで24時間予約可能