難聴について

page_nayami_box

  • 聞こえが悪い
  • 耳鳴りがする
  • 耳に炎症があり痛む
  • 耳が詰まる
  • 耳だれが出る

もしあなたがこのようなことでお悩みであれば当院にお任せください。 

これらのことは当院に実際に来た方の改善する前の声なのです。

難聴が改善するその理由とは?

難聴が改善するその理由とは?

難聴となってしまう原因はいくつかの疾病が関わっていると考えられています。一つ目は聴神経腫瘍です。

聴神経腫瘍は超神経で現れる良性の腫瘍のことを言い、音による刺激を脳に伝える働きを有する蝸牛に近い部分にできます。

ゆっくりと増殖するという特徴がありますが、サイズが大きくなっていくと聴神経を圧迫して難聴となってしまうので注意が必要です。

30代~50代が患いやすい病気となっており、年間では10万人に1人ほどの割合で発症します。顕微鏡を使った手術で切除することが可能ですが、場合によっては重大な難聴になることもあります。
二つ目は真珠腫と呼ばれる疾患です。真珠腫は中耳に存在する上皮組織が球状に増えていき、耳の周辺にある骨を壊してしまう病気のことです。先天性のケースもありますが、一般的には慢性中耳炎にかかったときの合併症として発症する場合が多くなっています。

難聴の症状

 

何度も中耳炎にかかってしまうと、中耳腔のある力が弱まっていき鼓膜が中のほうにへこんでいってしまいます。その部分に上皮が蓄積されていき、嚢胞が形成されて大きくなることで様々な問題が起こってしまうので注意が必要です。

感染を引き起こすことで聴力が弱まったり平衡感覚がおかしくなったり、場合によっては表情筋にも悪い影響を与えてしまう恐れがあります。難聴をはじめ耳垂れやめまいなどが主な症状です。

三つ目は前庭水管拡大症です。前庭水管は頭蓋骨深部と内耳を繋いでいる細い骨の管のことを指しています。この管が1.5mm以上となると肥大であると判断されます。

前庭水管が肥大化することで、内リンパ嚢と内リンパ管も同様に大きくなっていくことが通常です。

内リンパ嚢と内リンパ管の働きは完全に分かっているわけではありませんが、内耳の内側を流れているリンパ液の中のイオン量の調整に関わっていると考えられています。

蝸牛にある有毛細胞の損傷による感音性難聴を患っている子どもの中の5%~15%がこの病気だとされています。

店舗情報

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

お得な初回限定料金はこちら

初回限定

まずはお気軽にお問い合わせください!

LINEで24時間予約可能