梨状筋症候群

  • お尻や太ももにかけて痺れがある
  • ひどいときはふくらはぎから足先まで痺れてしまう
  • 座っているとどんどん痛みや痺れがひどくなる
  • いつになったら改善するかわからないし、何をすればいいかわからない
  • お尻から足への痛みや痺れで仕事に集中できないし、歩くのが辛い
痛みや痺れがあって、 youtubeでストレッチを試しても、 テニスボールでお尻をグリグリしても、 机の角で腰やお尻を押しまくっても改善しない。
このままではいけないと思い、病院で検査をしてみても、 痛み止めや血流を良くする薬を出されて、湿布を毎日貼っておくように言われて終わった。
近くの整骨院で電気やマッサージ、ストレッチを腰からお尻を中心に、足などもしてもらっ たけど、改善に向かっているのか、自分の現状がどういうものでどう改善していくのか説 明もされずに不安になっている。

Rinato鍼灸整骨院にお任せ下さい。

梨状筋症候群は腰やお尻、太ももに電気を当てても、

マッサージをしても良くならない!

Rinato鍼灸整骨院は内臓から整体していくので

他の整骨院や整体院とは違う

根本的な改善を期待できます。

梨状筋症候群は、梨状筋だけを治療しても大半の人が再発すると言われています。
「梨状筋症候群だから、梨状筋を治療すればいいんじゃないの?」
そう思われたのではないでしょうか?
確かに、梨状筋を調整するのは大事です。 ただ、梨状筋症候群になってしまった原因まで見極めて、 調整していかなければ、一時的に改善したとしても、
その後症状が出てしまう可能性が非常に高いんです。
当院では、梨状筋症候群に限らず多くの症状には内臓の関連があると考え、 従来ある筋肉や関節の調整だけではなく、内臓にアプローチを含めて調整していく事が評 価され
全国の同業の先生からも高い評価を得ているのです。

その場の痛みをとるだけなく、根本的な改善もしたいというのであればぜひ当院にご来院ください。

梨状筋症候群とは?

梨状筋症候群とは?

梨状筋症候群とは、図のように、骨盤の後ろ、お尻あたりにある筋肉です。

この筋肉が緊張したり、緩んだりすることで坐骨神経を刺激し、

  • お尻から足への痺れ
  • お尻から足の痛み
  • 足の感覚異常
  • 足の熱感

が起こると言われています。

また、筋肉の異常はレントゲンでは見つけられないことや、腰椎椎間板ヘルニア・すべり症・分離症などと症状が似ているため、発見が遅れることも少なくありません。

一般的な梨状筋症候群への対処法

店舗情報

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00

お得な初回限定料金はこちら

初回限定

まずはお気軽にお問い合わせください!

LINEで24時間予約可能