腰椎分離すべり症が再発し歩くのも困難になっていた患者様がゴルフまで再開できるようになった経緯

アンケート用紙

22年前に第5腰椎分離すべり症で手術を行いました。
手術前に主治医から20年後ぐらいに手術をしていた部分はプレートを入れているのでどうもないが、前後の腰椎に負担が掛かり、同じ症状が出る可能性があると言われていました。
手術後は腰痛もなく、坐骨神経痛もなく過ごし、ゴルフやスキーも健康な人と変わりなく出来ました。
しかし、2年前ぐらいから左足に坐骨神経痛が出て、そのうち歩くのも困難になり整形外科に通いましたが、手術しかないと言われ、もうこの年で手術も嫌なのでいろいろな整骨院やリハビリでけん引・電気治療を行いましたが、良くなるのはその時だけ。
結局ネットで調べ、Rinatoさんで治療を受けたところ3回目ぐらいから坐骨神経痛が取れ出し、残痛は残っていましたが、現在10回目ぐらいですがほとんど痛みが取れ、2年間ゴルフを封印していたのに、再開し始めています。しかし未だに力を入れない、きつくない施術法で痛みがなくなったのが不思議であります。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。