太ももの外側だけしびれる…その原因は坐骨神経痛ではない?!

太ももの外側だけしびれる症状は坐骨神経痛ではない?!

IMG_1341
「太ももの外側がしびれる…」この記事を見られているということは、その症状をお持ちだと思います。
また、脚がシビレる=坐骨神経痛かもしれないと思われていませんか?
腰痛持ちの友人に聞いたり、インターネットで脚のしびれを検索すると間違いなく坐骨神経痛というキーワードがでてくるのでそうだと思われて当然だと思います。
が、太ももの外側だけがしびれる場合は、「外側大腿皮神経痛」(がいそくだいたいひしんけいつう)という疾患の可能背が高い。
この記事では、その外側太腿皮神経痛について紹介していきますので、あなたの太ももの外側が痺れている不安の解消にお役立てください。

「外側大腿皮神経痛」

坐骨神経痛は脚のしびれの症状でもっとも有名な症状ですが、実は脚の神経痛には沢山種類があります。
今回紹介する太ももの外側だけがしびれる症状は「外側大腿皮神経痛」というものです(腰椎といって腰の背骨の2番目と3番目から出てくる神経)。
名前だけ聞くとなんだか難しいように感じると思いますが、字のごとく太ももの外側に伸びてる神経に障害がある状態ですね。
それではどういう症状なのか、紹介して行きます。

主な症状はしびれ

th_th_2015821mn-14
外側大腿皮神経痛の主な症状は3つです。

  1. しびれ…太ももの外側のみがしびれる。ほとんどの例が片脚。両脚にでることもある。
  2. 感覚低下…知覚神経といって触られるときの皮膚の感覚がにぶくなります。素肌に左右両方同じ太ももの外側をさすってみて下さい。その際症状のある方が触られている感覚が多少にぶく感じます。
  3. 痛み…痛みはピリピリするような痛みを訴える場合、やけるような痛みを訴える場合があります。お客さんよって感じ方は違うことが多いです。

上記の3つが主な原因になりますね。それでは次に原因についてお伝えして行きます。

外側大腿皮神経痛の意外な原因

IMG_1343
外側大腿皮神経痛の主な原因は、鼠径部(足の付け根の部分)の圧迫がほとんどです。鼠径部の中を通る神経なので、その周囲の締め付けやお腹が圧迫されて座る時間が長い方は症状がでやすくなるんですね。
そのため、意外かもしれませんが、この症状でうちに来られるお客さんはこのような特徴の人が来院されます。

  1. 補正下着やキツキツのズボンを履いている人(スキニーでウエストがキツイもの)
  2. 腰痛持ちや予防でコルセットを常に強めに巻いてる人
  3. 肥満といわれる人、お腹が出ている人、妊婦さん
  4. ベルトやウエストゴムを強く締める癖のある人、ポケットに何か入れる癖のある人
  5. 来院時検査して内臓疲労や血液循環が低下している人

上記の特徴のお客さんが多いですね。
太ももの外側がしびれていて、治らなくて困っている場合は1から4はあてはまりませんか?
もしあてはまっていたらその問題に対する対処をしていただくと、自然と治ることも期待できます。
妊婦さんや5の場合は自身で対処することは難しいので、信頼できる病院や施術院に相談されることをオススメします。

いますぐできる自分での対策について

th_th_2015821mn-335
「じゃあ、太ももの外側だけしびれているのに対して、自分でできる対策、解決策って何かあるの?」
と、何とか良くするために意欲的になられている方にはいますぐ試して頂きたいことがあります。
まずは、先述した1〜5に当てはまる状況がないか?確認しましょう。
「そういえば、右ポケットにスマホを入れてデスクワークしてるわ、、、」
振り返って、気づいて、対策して→改善!!

案外すっと、良くなることだってあります。
まず、対策1からお伝えしますね。
①補正下着やキツキツのズボンを履いている人(スキニーでウエストがキツイもの)
これに、当てはまる方の対策としては、単純です。

補整下着を日々つけているなら、やめましょう。補整下着はかなり締め付けがキツイですよね?鼠径部の圧迫を取り除くことは治療になります。また、長年使っていて、体型が変化している(太った)のに続けている場合もあります。

IMG_4047
スキニーパンツを履くことが多い方も、やめましょう。スキニーをどうしても履きたければ、ウエスト部分や股の部分がゆとりのあるサイズを選んでください。できれば、少しウエスト周りと鼠径部周りにゆとりのあるパンツを履いて生活しましょう。特に、デスクワークで座りっぱなしになる方は絶対ゆとりがないパンツを避けてください。座ることでより、鼠径部が圧迫されます。
素材についても、ジーンズなど硬い素材の物は特に座ると圧迫されるのは予測できますよね?
ぜひ、この部分を振り返って対処してみてください。
腰痛持ちや予防でコルセットを常に強めに巻いてる人
次は、これですね。保育士さん、介護・看護師さん、運送業さん、職人さん、整備士さん、、、など、腰に負担がかかる職業、腰痛持ちの方、ギックリ腰になるのを予防するため、、、いろんな目的ではありますが、腰痛ベルト(コルセット)を常に着用されている方は案外多いです。
IMG_4050
コルセットは整骨院や、病院で買われた方もいれば、スポーツ店やホームセンター、今の時代ですからネットで買われた方もいると思います。
病院や整骨院であれば、ドクターや治療家の先生に付け方、つける位置、締め具合、、など。
大事なポイントは指導があったと思います。
が!
今の時代、アマゾンや楽天などワンクリックでコルセットが買えてしまう時代。
パッケージに付け方などは書いていても、
「こんな感じでいいでしょ!」と、
ざっとみて、パパッと日々つける。強く締めたらいいと、グイグイしめる。位置が上(下)すぎている。

完全にオリジナルで付けて、効果が半減している。または、鼠径部を圧迫して外側大腿皮神経痛を引き起こしていることがあります。
対策としては、簡単で「正しく着用する」それだけです。

  • 病院、治療院に通われているなら担当の先生に付け方があっているかチェックしてもらう。
  • ネットや店頭で買われたなら、パッケージを残していれば正しい付け方、位置を見直しましょう。
  • 「パッケージなんか捨てたよ!」と言う方は、ネットで自分のコルセットの品名を調べてみてください。公式サイトに付け方、位置を書かれた説明書が出てくると思いますからチェックし直しましょう。
  • 締め具合については、今よりは弱めるズレない程度でいいです。

正しく着用することで圧迫から解放されます。これもとても大事な対策です。
③肥満といわれる人、お腹が出ている人、妊婦さん
これに関しては、体重のコントロールが必要です。※妊婦さんに関しては、産婦人科、もしくは妊婦さんに対応している治療院で相談するようにしてください。
IMG_4052
食事、運動のバランスが大事なのはもちろん。すぐに効果が現れるものではないので、気をつけて取り組んでほしいことだけざっとあげておきます。

  • 運動は、ウォーキングをする程度でもOKです。何もスポーツや走る必要はありません。急に走ったりハードな運動をすると、怪我のリスクが高いので。
  • 食事に関しては、砂糖、糖質を抑えてください。(特にジュース、お菓子、炭水化物)
    肉、魚、卵などのタンパク質は制限しなくても良いので、糖を長期的な目で控えていってください。

④ベルトやウエストゴムを強く締める癖のある人、ポケットに何か入れる癖のある人
これに関しては、緩めるだけですね。ポケットにスマホやキーケース、定期券、、。など入れてる方はとても多いです。特に男性によくみられますね。すぐにやめましょう。
IMG_4054
ポケットに物を入れて、座って仕事をする。何時間も。。どうなるか?
鼠径部を圧迫され続けます。より強く。
ポケットのものは今すぐ取り出して、テーブルの上かカバン、上着のポケットに入れておいてくださいね。
単純だけど、これで改善する方もいます。
⑤座り方を変える(足を組む方、横座り・お姉さん座りをやめましょう)
足を組む方は非常に多いですが、どうでしょうか?
また、ソファでなくて床に座って生活する方で横座り。お姉さん座りをしている方も多いですが、どうでしょうか?
IMG_4056
これ、やっていませんか?
もし、この座り方をしているならやめましょう。
足を組むなら→組まない。
横坐り・お姉さん座り→座布団をお尻の下に引いて、アグラか足を伸ばして座る。
座り方一つでも、鼠径部の圧迫は大きく減ります。これもとても単純ですが、効果がありますので、今すぐ実践してみてください。
それを試しても改善しない、もしくは妊婦さんの場合は病院や施術院に相談しましょう。どうしていけばいいか、対処方法や施術をしてくれるはずです。自分では気付いていない原因を見つけてくれたり、指導してくれますので早期に対処して改善しましょう。

 外側大腿皮神経痛について、まとめ動画


外側大腿皮神経痛について、動画でまとめましたので、より理解いただけると思います。
※音声が出るので、場所や音量にご注意ください。

rinato鍼灸整骨院では
DSC_6217_00095 (1)

当院では、外側大腿皮神経痛のお客さんは冒頭でもお話したように良く来られます。施術院や病院を何ヶ所か回ってよくならなかった方がほとんどなのですが、その原因をはじめに診ていきます。

ほとんどの問題は決まっている

検査をしていくと多いのが、先述した原因に当てはまる生活をしてきた方なのですが、その対処をしてきても改善していないのには他に問題があります。

  1. 内臓の疲労
  2. 血液、リンパ、脳脊髄液体の体液循環低下
  3. 腰椎、骨盤の問題

これらの問題が絡んでいます。お客さんへの日常生活指導はもちろんしますが、この3つの調整を同時にすすめていくときちんと改善されて行きます。どれかひとつでも悪い状態だと身体は治りにくい状態になりますので、もしも太ももの外側がしびれていて、症状の改善がなかなか見られない場合はご相談ください。きっと良くなります。
「また、遠くて通えないよ…どうしよう」という方は、メールやお電話にてご相談ください。全国の信頼できる施術院の仲間を紹介できますのでご安心くださいね。
[大阪市本町のバキバキしないで身体を変える整体院] Rinato鍼灸整体院 川上健史郎
坐骨神経痛でお困りの方へ
大阪でふとももの外側のしびれに悩む方へ