高校生から約7年顎関節症で、一生このままと思っていた女性が3回で改善するまでの経緯

福留みさき 様

お住いの地域
神戸市須磨区
ご年齢
24歳
お仕事
事務職
お悩みの症状
顎関節症

福留みさき 様が当院に来院された経緯

事務職員の福留さん。
高校生の頃から顎の音がガクガクなり出し、病院で見てもらうと、顎関節症と診断され、歯並びや噛み合わせの問題と言われたそうです。カラオケも週に1度はいっていたので、それも原因ではないかと言われた様子。
マウスピースでしばらく様子を見ていたそうですが、効いている感じがしなかったため、マウスピースをつけなくなったとのこと。
ガクガクに慣れて、そのまま生活していたそうですがここ2、3週間前に口を開けた時にバキっと音がなり、更に酷くなり口を開けると痛む、あくびができない、食事がよりしづらい状態。
このままではと、お父様の同僚の紹介で当院に来院されました。
 

初回のカウセリングの様子

福留さんはじめまして、担当する川上と言います。
よろしくお願いします。
高校生の頃から顎関節症で悩んでいて、ここ最近より強い症状が出ているとのことですが、これまでの経緯をお話いただけますか?

はい、高校生の時から顎関節症に悩んでいました。原因は週に1回はカラオケにいってたり、病院では噛み合わせと歯並びが問題だからとマウスピースを作ってもらって、ずっとつけていました。
でも、マウスピースつけてても効果がわからなくって、ずっと音がなっていたし、痛みもありました。結局、マウスピースはつけるのをやめて、生活していました。
ずっとこのままかなと思っていたので、もう諦めてたというか、多少はしょうがないというか、口が開けにくいことに慣れていました。
ここ2、3週間前に急にバキっと音が鳴って、そこから痛みも開けにくさも強くなりました。あくびもできないし、ご飯も食べづらいので困ってたら、お父さんが同僚の人にこちらが良いと聞いてたそうで、行ってみるように言われてきました。

詳しくありがとうございます。
そうでしたか、高校からとは長いですね、7年ほどですか。。
今回も急にひどくなったんですよね。
今この状態で福留さんはどんなことに困っていますか?

はい、口を開けづらいですし、開けると痛みます。
ご飯も食べにくくて辛いし、うまくあくびもできません。
あと、歯磨きが痛くてうまくできないんです。

わかりました、ありがとうございます。
なんとかしましょう。
じゃあ福留さん、検査をしていくので立ち上がってもらえますか?
 

検査の結果

検査の結果、、、

  • 肝臓疲労
  • 頚椎の2番目
  • 側頭骨

これらに反応。
顎関節症が長年改善しない原因が「肝臓疲労、頚椎2番目、側頭骨」にありました。
それらを福留さんに一つ一つお伝えして施術計画をお伝えしました。
特に大事なのが肝臓疲労を取り除くことです。
肝臓疲労は病気というわけではありません。
福留さんの場合は、チェックすると「糖分過多」で肝臓が疲労していると判断しました。
福留さんに「甘いものが好きで、日々食べてませんか?」とお聞きすると、「え、なんでわかるんですか?かなり好きなので毎日食べます」と驚かれていました。
砂糖の取りすぎですね。ちなみにお酒は飲まない方です。
頚椎の2番目は可動性が低下していて、少しそこを調整して口を開けてもらうと、「さっきよりあきやすい!」との反応。
側頭部も硬さがあり、調整すると顎の負担が減りました。
肝臓と、頚椎2番目、側頭骨がしっかり調整されれば、長年の症状も改善していくとお伝えして、施術に入りました。
期間は最低6回。期間は1、2ヶ月は見てもらうようにお伝えしました。
 

初回の施術

初回は、全身の血流と気の流れ、内臓の調整を最初に行いました。
そうすることで、内臓の機能が引き上がり、全身の循環がよくなります。
その後、頚椎2番目、肝臓、側頭骨を優しく調整して、顎の状態をチェックしてもらいました。
「全然あきます!え?なんで!」
と驚かれていました。
話を聞くと「一生このままと思っていて、元の良い状態に戻るのは諦めてた」そうです。今回もひどくなった痛みが引けば、、、と思われてたようですが、思ったよりも早く大きな変化が出たようです。
施術後は全体のバランスも良くなり、この状態をキープするために施術間隔を最初はなるべくつめて来るように指導。
次回は最短でこれる7日後に予約して帰られました。
甘いものを控えること、足を組むこと、寝方だけ注意して1週間守ってもらうようにお伝えしました。

2回目の施術 初回より7日後

前回から7日後、施術前にカラダのチェックを行います。
前回より、状態も安定していて、肝臓疲労も頚椎も側頭骨も少し問題は残っていますが前回より随分良い状態でした。
「前回からかなりマシで、日によって気にならない時もありました。音も減っていて、だいぶ楽です。」
と福留さん。
この状態をさらによく良くしていき、安定させるために今回も前回同様の処置を行いました。
甘いものも控えてくれていて、肝臓疲労が抜けてきはじめているのも大きいので、そのまま続けてくださいねと福留さんにお伝えして終了。
次回も最短でこれる1週間後に予約して帰られました。
 

3回目の施術 初回より14日後

前回から1週間後。
まずカラダのチェックから。
肝臓、頚椎、側頭骨、全て初回より良い状態で安定していました。
「前回からも全然大丈夫です!ご飯もあくびも歯磨きも大丈夫ですし、音もほとんどならないので、びっくりです。感動しました!」
ととても喜ばれていました。
今回も施術は前回同様に。
開口も良く、体も安定していると判断したので、今回で終了しましょうとお伝えしました。
本人さんは来月来てカラダを見て欲しいとのことだったので、1ヶ月後に予約して終了。
お父様も紹介してくださり、ここでの改善までの体験を感想文ならOKと福留さんより最後に頂きました。

[総括]
今回の福留さんは、高校生から7年続く顎関節症でお悩みでした。
病院で「顎関節症」と診断されて、原因は「噛み合わせ、歯並び」とのことでマウスピースを作成してもらい、使い続けて来ました。
それでも福留さんは、効果を感じられず、マウスピースをやめて生活するように。
そのまま、ずーっと症状は感じていたそうですが、慣れてきてそれが当たりまえに。
「一生このまま」本音はそうだったとのこと。
ここ2、3週間前に急にひどくなったので、その状態だけでも引いてくれればとお父さんの同僚の紹介で来院。
お話を聞いて、状態をチェックすると、原因は明らかでした。
マウスピースを頑張ってやっても良くならない場合は、
顎だけに問題がある顎関節症ではない」パターンです。
今回の福留さんもそのパターン。
うちに来られる顎関節症を長年患っている方はほぼそうです。
このパターンじゃなかったら、マウスピースで改善しているはずです。
カラダをチェックしていくと、
肝臓疲労
頚椎2番目
側頭骨
この3つが問題点というのは明らかでした。
そして、この3つそれぞれを少し触れて口を開けてもらうと、スッと開いてくれました。
特に肝臓と頚椎2番がより良く反応。
福留さんに開きやすさが出るのを確認してもらって、原因をお伝えすると驚いていました。
初回の施術で大きく変化し、1週間後の2回目で症状がとれ、顎関節症の不安も取れてくれました。
僕の想像以上に早く改善してくれましたが、甘いものをしっかり制限してくれたのも大きいです。
今回は3回で終了するに至りましたが、7年続いていた顎関節症の割には、かなり早く改善へ持っていけました。
長年症状があるほとんどの方は2、3ヶ月かけて改善して安定するのですが、福留さんのように数回で終了できるほど改善することも少なくはありません。
福留さんも「まさか私の高校からの顎関節症が改善するとは思ってなかったです」と言われていましたが、これだけ長い期間続いていたらそれはそう思って当然かと思います。
でも、きちっとカラダを見て、調整していけば、福留さんのように長年の顎関節症も案外スッと良くなるものです。
もし、あなたも同じように長年の顎関節症で悩み、口が開けづらい、歯磨きやあくびが辛い、食事が楽しめなくて困っている。病院や歯科でマウスピースをし続けても改善せずに「もう一生このままかな」そう諦めかけているなら、ぜひ一度ご相談ください。
福留さんのように2、3回でスパッと改善するとは言い切れませんが、しっかり計画的に施術を進めていけば大丈夫ですよ。数ヶ月でほとんどの方が改善へ向かいますので。
川上健史郎
 

お問い合わせ

LINEで24時間予約可能

住所
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-5-3 御堂筋タイホービル2F
アクセス
地下鉄御堂筋線本町駅1番出口徒歩1分
TEL/FAX
もう大丈夫です!私たちにお任せください
06-4708-8351

休診日:日曜、祝日

受付時間 日・祝
12:00〜21:00