肩の痛みが急にひどくなったら…

肩の痛みが急にひどくなったら…

kata
いつも肩こりだけど急に肩の痛みがひどくなったら・・・
1つの事例を交えながら今回の話をしていきたいと思います。
 
当院に最近来院された斉藤さん(仮名)
いつも肩こりを感じていて、痛みを感じたら家の近くのマッサージ屋さんに行くのが日課になっていたそうです。
あるとき朝起きたら・・・
なんかいつもの肩こりの痛みとは違ういやーな感じがしたそうです。
まあけど昨日はいつもより頑張って仕事をしたからそんな事もあるかと気にも止めなかったそうです。
斉藤さんは事務の仕事をしているので毎日のようにパソコンの作業をやっているから肩こりは日常的に感じていました。
肩の痛みがひどくなる時もたまにあるから今回もそんな感じかなと思って放置していたそうです。
 
そうそれが悪夢の始まりだとも知らずに・・・
3日が過ぎても相変わらずの肩の痛みがある。
これはいつもの肩こりとは違うなと思い始め、とりあえず薬局で湿布を買って寝る前に貼ったそうです。
まあ明日には楽になっているだろうとこの時はそんなに深く考えずに。
 
4日目の朝昨日とは劇的に違う症状がでてきました、もちろん良い意味ではなく悪い意味で。
じっとしていても肩の痛みを感じずにはいられない。
肩がズキズキして仕事に集中したくても全然身が入らない。
気付いた時には肩の痛みがひどすぎて少し肩を動かすだけで痛みが走るつらい状況に。。
 
さすがにこれは肩こりとはまったく別の次元だと思った斉藤さんは病院に駆け込みました。
そこでレントゲンをとってもらったが異常なし。
お医者さんに言われたのは肩関節周囲炎。
images (11)
普通の人はわからないと思うので補足すると皆が四十肩・五十肩と言っているやつですね。
四十肩と五十肩ってなにが違うんですか?
という質問をよく受けるのでお答えしますが、まったく同じものです。
40代でなれば四十肩50代でなれば五十肩というだけです。
 
斉藤さんはお医者さんにまあこの症状は時間がかかるから気長に治しましょうと言われたそうです。
そんなものかと思って週に2回は病院に通っていました。
けど3ヶ月を過ぎたころ、最初のように寝れないような肩の痛みはひいてきたけど動かすとやはり痛みます。
 
そこで家の近くの整骨院に行ってみましたが、気持ちよくマッサージをしてもらいその時はなんか少し軽くなったかなと思ったけれど、やっぱり次の日起きたらまた同じように肩を動かすと痛みがぶり返してくる。
そんなこんなで6ヶ月がすぎてしまいました。
そんな時に友達の足立さん(仮名)にある施術院を薦められました。
 
その話をする前に・・
五十肩の特徴を解説していきますね。
大きな特徴は、

肩に痛みがあり運動障害をともなうもの。

40歳以上で発生する

明らかな原因をともなわないもの。

という3つがあります。
この肩の痛みは肩こりのような鈍痛ではなく初期は炎症を伴う事がほとんどなので、鋭く痛みがあり夜間時痛といって痛みで夜に起きてしまいます。
そして腕が動かし辛くなり、ひどい人は少しの動きをするだけで痛みを伴います。
images (17)
原因がないのである日突然起こるという事もあり、なんでなったかはわからないことがあります。
みなさんが肩こりの時に押さえる首の付け根とは違い腕の上部に痛みがでます。
これは調べてもらえればわかると思いますが、原因も解決方法も今の西洋医学でははっきりしたことがわかっていません。
 
もう1つの特徴は施術期間が長くなる事。
だいたい早くても6ヶ月〜1年長い人だと2年ぐらいかかる人もいます。
そして痛みが無くなっても運動障害が残ると言われているのですごくやっかいです。
 
では斉藤さんがその後どうなったか?
足立さんから紹介を受けた斉藤さんはRinato鍼灸整骨院に来院されます。
6ヶ月の間ずっと肩の痛みと腕の制限があったものが最初の施術によって改善をみせます。
その後の施術により今では以前からやっていたダンスを踊っています。
そんな風に趣味を楽しんで生活ができるようになり非常に喜んでいます。
 
整体って怪しいなと思うかもしれませんが、このストーリーは当院のお客さんの真実の物語です。
僕自身も病院で手術しかないというところから、整体によって復帰する事ができました。
僕はお客さん自身が諦めなければちゃんと体は良い方向にいくと思っています。
病気をする為に、体の痛みを我慢する為に生まれてきたわけではない。
もし当院でお力になれるのであればいつでもお任せください、必ず良くなりますから。