肩こり

肩こりがなかなかとれないのは○○が原因?
 
いつも肩こりを感じています。
毎日整骨院や整体に行って肩こりの施術をしているけどその時だけ楽になる。
肩こりがひどくなると頭痛がおきる。
朝起きたらもう肩こりを感じます。
なんか力がでなくてだるい肩こりです。
 
もしあなたがそんな事で悩んでいるのであれば原因は体いや肩こりだからと言って肩に原因はないかもしれません。
 
じゃあなにが原因なの?
そう思いますよね。
 
それは【心の問題】かもしれません。
言ってしまえばストレスが原因の肩こりかもしれません。
 
実は当院に来られるお客さんは整体に2軒以上通ってから来られる方が非常に多いんですね。
だいたいの場合が整体院で骨盤が歪んでいます。
とか姿勢が悪いからおきるんです。
と整体の先生に言われている人がほとんです。
 
確かにそれもあるんですが一般的な整体院では見過ごしている事があります。
それは体と心のバランスの問題です。
 
普通に考えれば肩こりとストレスが結びつく人はそんなにいないと思います。
けど整体の先生が言うように姿勢が悪くなったりするのもストレスが原因の
場合もよくあるんですね。
 
特に現代においてはストレスがたまりやすい社会ですよね。
人間関係に悩む人はすごく多いですしそれだけではなく色々な問題がある方も多いと思います。
 
ではまずあなたが肩こりで悩んでいるのであれば以下のチェックをしてみてください。
これでストレスが原因の肩こりかどうかが少しわかりますので。
 
ストレス性肩こりを見つけるチェック表
 
□ 最近すぐにイライラしてしまう
□ 頼まれた仕事は最善を尽くして頑張る
□ 場の空気を読んで発言や行動をする
□ 寝るまでに時間がかかるもしくは寝れない
□ 最近楽しい事が無い
□ いつもなにかしていないと落ち着かない
□ 1つの事に集中すつと他の事を忘れていまう。
□ タバコやお酒をよく飲む
□ 甘いものをやめる事ができない
□ 人の楽しい話や嬉しい話を聞いても心から共感できない
 
どうでしょう?
この10個のチェックポイントで見えるあなたの状況を説明しますね。
 
0〜2個
ストレス性の肩こりにはなりにく体質ですね。
疲労をためないようにしていく事が必要です。
 
3〜6個
少し危険をはらんでいますね。
体の疲労だけでなくストレスがたまりやすい体質です。
ストレス肩こりになりやすいので休息だけでなく、ストレスを発散する事を
意識しないと肩こりがなかなかとれないかも。
 
7〜10個
体の疲労もストレスも抜群にたまりやすいです。
もし肩こりがなかなかとれないのであれば体の歪みや
疲労だけでなく心のストレスをとりのぞかないと肩こりの完治は難しいでしょう。
 
考え方やイメージトレ−ニングが必要になるかもしれません。
 
一概に肩こりと言っても実はこんな風にストレスが原因になっている事が非常に多いんですね。
 
それを無視して体のケアだと言わんばかりに整体に行ってもなかなか改善しないのは当然ですね。
整体院の先生でもそんな事を無視して、体のケアばかりをいう整体院もあるので気をつけなければいけません。
 
ではもうすでにこんな状況になっている人はどうすれば良いのでしょうか?
あなたがすぐにでもできるストレス性肩こり改善法を教えていきますね。
 
ストレス性肩こりを撃退する3つの方法
 
1 よく眠り焦らず今日は今日!明日は明日で
まず睡眠が充分に必要です。
充分な睡眠というのは午後11時〜2時を含む7時間ぐらいの睡眠の事を
言います。
では寝たら肩こりが治るのか?
そんな事はありません!もう1つ大事な事は考え方です。
 
ストレスが原因になっている腰痛はこの考え方がキーポイントです。
今日できない事はできないと諦めて
明日にまわしてしまいましょう。
焦っていると結局良い事はおきないという半ば諦めにもとれるかもしれま
せんがそれぐらいの割り切りが大事です。
 
2 ストレス発散できる事をしよう
あなたがもし映画好きなら映画で
あなたがもし運動が好きなら運動を
あなたがもし誰か好きな人がいるならその人と過ごしましょう。
 
ストレスを忘れれるぐらいに、溜め込まずにしっかり外にだしていきます。
 
それぐらいの感覚が大事ですね。
 
3 タバコ・お酒・甘いもの
これってストレス発散になるんじゃないの?
と思われるかもしれませんがストレス性腰痛を引き起こす原因になるので
少し控えましょう。
 
以上この3つの方法を守ってみてください。
むやみなマッサージは肩こりを改善しません。
肩こりストレッチをやっても改善は見込めません。
 
まずは自分の考え方や生活習慣を治す事が必要になってくるんです。
 
それでも1人で肩こりとつき合うとそれだけでストレスがたまってしまうものですね。
そんな時はぜひ当院におこしださい。
 
一緒にあなたの肩こりを改善する方法をお教えしますので。
kata
大阪で肩こりにお悩みの方へ