腰痛で病院に行く時はどんな腰痛のとき?

腰痛で病院に行く時は?

uketsuke
いきなり腰がいつもより痛くなったりしたら・・なんか不安になりますよね。
まあ寝とけばよくなるかなーと思っていてもなかなか腰痛が取れないなんて時にはもっと不安になったりする。
そんな経験をした方は少なくないと思います。
じゃあすぐに病院に行っても

・レントゲンでは異常ないですね。

・湿布や痛み止めを処方されて終わり。

・まあ年齢的に仕方ないですね。

こんな事を言われたり、対応だったりがっかりしますよね。
けど腰痛で病院に行ったけどなんか対応が満足できなかったというお客さんはRinatoにもよく来院されます。
もっと早く来れば良かったとか、色々情報がありすぎて迷ってしまうなんて言う人がこんなに多いのかというのもよく感じます。
なので今回はどんな腰痛の時に病院に行くか?
そんな見極め方をみなさんに提供したいと思います。
youtuu

危険な腰痛の見極め方

腰が痛いからといって必ずしも腰に原因があるとは限りません。
大きな病気の関連症状として腰痛になる場合があるからです。
例えばガン・腹部大動脈瘤・子宮内膜症や腎臓・膵臓などがその例です。
なにそれ?と思うかもしれませんが、内蔵疾患によっての腰痛は結構多いので見逃せない1つの要素ですね。
 

内蔵疾患からの腰痛の特徴

 安静にしていても腰痛が楽にならない状態

この時は病院に行く事を考えてください。
第一の選択は病院に行き検査を受ける事ですね。
普通の腰痛だと動いた時に痛みが強くなりますが、内蔵疾患からの腰痛の場合は安静時に痛みが引かない事が特徴の1つです。
また、腎臓や膵臓の場合は背中を叩くと突き抜けるような痛みがあったりするので1つの目安にしていいと思います。
 

 骨折や椎間板ヘルニアの特徴

すごくひどい腰痛だとあれ?これ折れてるんじゃないという心配がでてきたりしますよね。
当院に来院される方も骨は大丈夫ですか?
と、心配されるかたも多いですね。
 
骨折の見極め方は骨を押さえると異常な痛みがある場合です。
骨折の難しい所ですが、若い人はあきらかに動きや痛みがひどいのですぐにわかります。
例えば、骨を押すと飛び上がるほどの痛みを感じます。
しかし年齢がいくと、無痛の場合もありますのであまりにも長引く腰痛や動作中に異常な痛みがある時は注意が必要です。
そして気を付けるべきことは普通の腰痛と椎間板ヘルニアの違いを理解しておく事です。

椎間板ヘルニアってなに?

テレビなんかでもよくやっているのでヘルニアの名前は聞いた事があると思います。
簡単に言えば、骨と骨の間には椎間板というゼリー状のクッションのようなものがあるんですがそれが突出してしまうという病気です。
腰の痛みだけでなく、足(太ももの後ろやふくらはぎ)にシビレを感じるようになります。
20110701-5
腰痛だけでなく、足にシビレを感じたりした時は注意が必要です。
椎間板ヘルニアもレントゲンだけでは診断がつきづらいので病院でMRIをちゃんと撮ってもらわないとはっきりした診断にはつながりません。
5c719fa5
危険な腰痛というのは、結構色々ありますがどれも普段の痛みとは種類が違う場合が多いです。
全てに共通する事ですが、あまりに痛みがひどい場合や長期間(3ヶ月以上)続く腰痛に関しては病院で受診することをお薦めします。
ではそういうものは整体ではなんともならんのか?
という疑問の声にもお答えしましょう。。。なんとかなります。

・もう手術しかない

・病院に何年も通っている

・すでに手術をしたけど痛みが変わらない

・慢性腰痛はどうにもならない

 
整体の世界ではこんな症状でも当たり前のように元の状態に戻るという事がよくあります。
それはぼく自身が経験した事なのでよくわかります。
病院に通う毎日・・痛み止めを飲みコルセットする。
そんな状態から救ってくれたのが整体でした。
もちろん整体と言っても色々ありますからしっかりした技術を持っている先生にかからなければいけません。
またその見極め方は今後書いていきますね。
 
腰痛は今や国民病です。
軽く思っていた腰痛が病院に行くとすでにひどい状態だったということもあるので今回の見極め方を覚えておいてください。